f:id:kintokisyoga:20170705225306p:plain

昨日の記事で10月初旬に涸沢・奥穂高岳に行く予定で、既に大阪から上高地までの夜行バスの予約が完了したと書きました。が、日帰りor山小屋泊用の装備しかなく、これまでテント泊なんてしたことないので、そのへんの装備が全くないのです。

 

10月の涸沢でのテント泊、奥穂高岳登山についてはネットでいろんな方がレポートをしてくださっているので、参考にさせていただきながら私の必要な追加装備を考える。

というか、今日の日中はそんなことばかり考えていて、仕事が手につかなかった(^^;

 

■60Lくらいのザック

 現在持っているザックが40Lで、これではテントとシュラフを収納するのはかなり厳しい・・・というか無理っぽい。テン泊では60Lが標準らしい。

 

■テント(に付随する小物も)

 テン泊するのでもちろん必要。グランドシートというのも必要らしい。

 

■シュラフとマット

 これも当たり前か。この選定もなかなか難儀しそうだ(笑

 

■ヘルメット

 奥穂高はガレ場が多く、落石に注意しなければならず、ヘルメットの着用は推奨されている。涸沢の山小屋でレンタルができるみたいなので、わざわざ買う必要はないかも。けどちょっと欲しい。通っぽい(笑

 

ざっとこんな感じでしょうか。

それにしても、まだ3ヶ月先なんですけど、こんな風に色々考えるのも楽しみの1つですよね。