part2 >>> Another Story Of Re:Zero MAD Production ~part2~ - アルディの画日記

 

前回は技術的な話や制作時の工夫をしましたが、

今回は制作時の感情や制作後の感情を書いていきたいと思います。

 

制作中ー。

制作時は色々大変でした。初めての試みだったので、「ここはこうすればよい」とかの基盤(テンプレート)がなく終始色々と模索しながらやっていった。

何が一番きつかったって、序盤は慣れるのがきつくて、終盤は曲に慣れすぎたこと。300回は優に超えている。

また、曲中心に作っていくことで出演時間にばらつきが出てしまったことはお詫びしたい。特にペテルギウスファンにー。明るい曲なのでペテルギウスとの戦闘シーンは入れづらかった。あとはテレシアの出演時間が原作の比率を考えて圧倒的に多い。これは上記の理由+筆者の好みー。

制作時は様々な苦労があったがそんなときの癒しはペテルギウスやペテルギウスのMAD。かなり癒されました。ありがとう。

 

制作を終えてー。

 蓋を開ければある程度完成した状態からが長かった。というのも文字を入れるべきか、入れるならどう入れるべきかを非常に悩んだ。おそらく視聴者によって「これはないだろ」とか「ここは良い」とか思うことはそれぞれあると思うが、全ては筆者の感とさじ加減ー。

もう一つ言い訳をすると、映像全体にエフェクトをかける(花びらを舞わせたり、光を入れたりする)ことができなかったので、動画の勢いを止める(無加工の)静止画を使うことができないという状況がかなりきつかった。ということもあって文字で動きの少ない映像をごまかすために文字を多用したところもある。

 

最後にー。

様々な工夫が施されているMADがたくさんあるので色々見てみると面白いと思います。

また、レベルによるところが大きいですが、この程度のMADならば素人でも比較的簡単に作れるので作ってみるのも面白いと思います。

もし次回MADなどを作る機会があれば宜しくお願いします。